内祝いとは何のこと?

内祝いはお返しではない

内祝いというのは、家族だけのごく内輪でするべき祝い事のことを外部に公表して、他人も一緒に祝ってもらおうという意味から出てきたものです。したがって、先方からお祝いをもらうもらわないに関わらず、比較的大きな祝い事、例えば結婚や出産、七五三などにこちらから配ります。つまり、内祝いは返礼とは違う、ということになります。まずは、出産の場合です。赤ちゃん誕生の内祝いとしては、お宮参りのころに赤飯や紅白の砂糖、かつお節やするめなどを届けるのが一般的とされています。他にも、趣味のよい菓子皿やお盆といったようなものでもよいでしょう。お祝い品をもらった場合には、品物だけでなく、お礼状も添えるようにします。品物の表書きは内祝いとし、赤ちゃんの名で贈ります。

気持ちを込めたお礼状も忘れずに

例えば、男の子の端午の初節句や女の子のひなの初節句のお祝い当日に、遠方のため来られなかった場合です。お礼状を添えて、紅白の砂糖やかわいい干菓子などを、内祝いの表書きで贈ります。品物を贈らない場合でも、お礼状だけは必ず忘れないようにしましょう。また七五三の場合は、内祝いとして赤飯や千歳あめを届けるようにします。お祝いを贈ってくれて、披露宴に招かなかった人へは、お礼心を託したお返し品を送るのが一般的です。贈られた金品の半額程度までの品で、先方に喜んでもらえそうな実用品や消耗品がよいでしょう。 ただし、目上の人には少なめ、目下の人には多めにするのが、お返しのエチケットになります。時期は、式後一ヶ月くらいが望ましいです。デパートなどから直送してもらってもよいですが、その旨はがきで知らせることも忘れてはいけません。