子供が生まれたときに贈る出産内祝い

押さえておきたい出産内祝いのマナー

出産内祝いを贈るタイミングは、赤ちゃんのお宮参りを済ませる頃までと覚えておきましょう。一般的には出産から1ヶ月以内のお返しが望ましいとされていますが、産後は赤ちゃんのお世話で目が回るほどの忙しさです。少なくとも2ヶ月以内には内祝いを渡せるように手配しておきたいですね。

できれば妊娠中から内祝いの用意をしておくのがベターです。内祝いギフトが載ったカタログに目を通したり、住所録を作成したりしておくだけでも、産後の内祝いの準備がスムーズに進みます。また、お礼状やメッセージカードの文面を事前に考えておくことも大切です。出産内祝いを贈る場合、お披露目の意味を込めて赤ちゃんの名前は「のし紙」に書きますが、それ以外にも赤ちゃんの性別や母子の健康状態など、相手に伝えるべきことがたくさんあるからです。

金額の目安と出産内祝いの定番ギフト

頂いたお祝いより高価な出産内祝いギフトを選んでしまうのはマナー違反です。逆に安価すぎる品物を贈っても失礼にあたるので、頂いた金額の半額くらいを目安に品物を選ぶように心がけましょう。誰にでも喜ばれる出産内祝いの定番は、もらっても困らないような食品や飲み物などの「消えもの」です。近年は赤ちゃんの名前を入れた洋菓子や紅茶といった「名入れギフト」を出産内祝いに選ぶご家庭も増えてきました。

「名入れギフト」の中でもとりわけ人気を集めているのが、お米の出産内祝いギフトです。人気の秘密は、生まれた赤ちゃんと同じ体重のお米を贈れること。相手が届いたお米を抱けば、赤ちゃんの重さを実感できます。生まれたばかりの赤ちゃんとまだ対面できていない、ご親戚の方には特に喜ばれるギフトのひとつでしょう。